良寛上人の言葉の戒め


言葉の多き

口の早き

とわずがたり

さしぐち

てがらばなし

公事のはなし

公犠の沙汰

人のもの言いきらぬうちに物言う

言葉のたがう

能く心得ぬことを人に教うる

物言いのきわどき

話の長き

講釈の長き

ついでなき話

いさかい話

物言いのはてなき

へらず口

たやすく約束する

ことごとしくもの言う

いかつがましくもの言う

ことわりのすぎたる

その事を果たさぬ中にこの事を言う

人の話の邪魔をする

しめやかなる座にて心無く物言う

事ごとに人の挨拶を聞こうとする

酒にえいてことわりを言う

先に居た人間にことわりを言う

親切らしく言う

人の事を聞き取らず挨拶をする

悪しきと知りながら言い通す

物知り顔に言う

ひき事の多き

あの人に言いてよきことをこの人に言う

へつらう事

あなどる事

人の隠す事をあからさまに言う

顔を見つめて物言う

腹立てる時ことわりを言う

はやまり過ぎたる

己が氏素性の高きを人に語る

推し量りのことを真事になして言う

ことばとがめ

押しの強き

息もつきあわせず物言う

さしたることもなきことをこまごま言う

見ること聞くことを一つ一つ言う

役人のよしあし

子どものこしゃくなる

わかいもののむだ話

首をねじて理くつを言う

ひき事のたがう

いきもつきあわせず物言う

好んでから言葉をつかう

くちまね

都言葉などをおぼえしたり顔に言う

ねいりたる人をあわただしくおこす

説法の上手下手

よく物のこうしゃくをしたがる

老人のくどき

しかた話

こわいろ

口をすぼめて物言う

めずらしき話のかさなる

品に似合ぬ話

人のことわりを聞き取らずして、おのがことを言いとおす

田舎者の江戸言葉

よく知らぬことを憚なく言う

きき取り話

人にあうて都合よく取りつくろうて言う

わざと無ぞうさに言う

貴人に対してあういたしまする

学者くさき話

風雅くさき話

さしてもなき事を論ずる

人のきりょうのあるはなし

幸の重りたる時、物多くもらう時、有難き事を言う

くれて後人にその事を語る

おれがこうしたこうした

あいだのきれぬように物言う

説法者の弁をおぼえて或いはそう致しました所でなげきかなしむ

さとりくさき話

茶人くさき話

くわ(句話)の口きく

ふしもなき事にふしを立つる

あくびと共にねん仏

人に物くれぬ先に何々やろうと言う

あう致しました、こう致しました、ましたましたのあまり重なる

はなであしらう