正気の歌


天地に正気有り

雑然として流形を賦く

 

この宇宙には森羅万象の根本たる気があり、本来その場に応じてさまざまな形をとる

 

下りては則ち河嶽と為り

上りては則ち日星と為る

 

それは地に下っては大河や高山となり、天に上っては太陽や星となる

 

人に於ては浩然と曰い

沛乎として蒼冥に塞つ

 

人の中にあっては、孟子の言うところの「浩然」と呼ばれ、見る見る広がって大空いっぱいに満ちる

 

皇路清夷なるに当たりては

和を含みて明廷に吐く

時窮すれば節乃ち見れ

一一丹青に垂る

 

政治の大道が清く平らかなとき、それは穏やかで立派な朝廷となり、時代が行き詰ると節々となって世に現れ、一つひとつ歴史に記される

 

斉に在りては太史の簡

 

例えば、春秋斉にあっては崔杼の弑逆を記した太史の簡

 

晋に在りては董狐の筆

 

春秋晋にあっては趙盾を指弾した董狐の筆

 

秦に在りては張良の椎

 

秦にあっては始皇帝に投げつけられた張良の椎

 

漢に在りては蘇武の節

 

漢にあっては19年間握り続けられた蘇武の節

 

厳将軍の頭と為り

 

断たれようとしても屈しなかった厳顔の頭

 

嵆侍中の血と為る

 

皇帝を守ってその衣を染めた嵆紹の血

 

張睢陽の歯と為り

 

食いしばり続けて砕け散った張巡の歯

 

顔常山の舌と為る

 

切り取られても罵り続けた顔杲卿の舌

 

或いは遼東の帽と為り

清操氷雪よりも厲し

或いは出師の表と為り

鬼神も壮烈に泣く

 

ある時は遼東に隠れた管寧の帽子となって、その清い貞節は氷雪よりも厳しく、ある時は諸葛亮の奉じた出師の表となり、鬼神もその壮烈さに涙を流す

 

或いは江を渡る楫と為り

慷慨胡羯を呑む

或いは賊を撃つ笏と為り

逆豎の頭破れ裂く

 

またある時は北伐に向かう祖逖の船の舵となって、その気概は胡を飲み、更にある時は賊の額を打つ段秀実の笏となり、裏切り者の青二才の頭は破れ裂けた

 

是の気の磅礡する所

凛烈として万古に存す

 

この正気の満ち溢れるところ、厳しく永遠に存在し続ける

 

其の日月を貫くに当っては

生死安んぞ論ずるに足らん

 

それが天高く日と月を貫くとき、生死などどうして問題にできよう

 

地維は頼って以って立ち

天柱は頼って以って尊し

三綱 実に命に係り

道義 之が根と為る

 

地を保つ綱は正気のおかげで立ち、天を支える柱も正気の力でそびえている。君臣・親子・夫婦の関係も正気がその本命に係わっており、道義も正気がその根底となる

 

  陽九に遘い

隷や実に力めず

楚囚 其の冠を纓し

伝車窮北に送らる

 

ああ、私は天下災いのときに遭い、陛下の奴僕たるに努力が足りず、かの鍾儀のように衣冠を正したまま、駅伝の車で北の果てに送られてきた

 

鼎鑊 甘きこと飴の如きも

之を求めて得可からず

陰房 鬼火闃として

春院 天の黒さに閟ざさる

牛驥 一皂を同じうし

鶏棲に鳳凰食らう

 

釜茹での刑も飴のように甘いことと、願ったものの叶えられず、日の入らぬ牢に鬼火がひっそりと燃え、春の中庭も空が暗く閉ざされる。牛と名馬が飼い馬桶を共にし、鶏の巣で食事をしている鳳凰のような私

 

一朝霧露を蒙らば

分として溝中の瘠と作らん

 

ある朝湿気にあてられ、どぶに転がる痩せた屍になるだろう

 

此如くして寒暑を再びす

 

そう思いつつ2年も経った

 

百沴自ら辟易す

 

病もおのずと避けてしまったのだ

 

嗟しい哉沮洳の場の

我が安楽国と為る

 

ああ!なんと言うことだ

このぬかるみが、私にとっての極楽になるとは

 

豈に他の繆巧有らんや

陰陽も賊なう不能ず

 

何かうまい工夫をしたわけでもないのに、陰陽の変化も私を損なうことができないのだ

 

顧れば此の耿耿として在り

 

何故かと振り返ってみれば、私の中に正気が煌々と光り輝いているからだ

 

仰いで浮雲の白きを視る

 

そして仰げば見える、浮かぶ雲の白さよ

 

悠悠として我が心悲しむ

蒼天曷んぞ極まり有らん

 

茫漠とした私の心の悲しみ、この青空のどこに果てがあるのだろうか

 

哲人 日に已に遠く

典刑 夙昔に在り

 

賢人のいた時代はすでに遠い昔だが、その模範は太古から伝わる

 

風簷 書を展べて読め

 

風吹く軒に書を広げて読めば、古人の道は私の顔を照らす