伊都能売神諭一節


日本(やまと)魂と申すものは天地の先祖の神の精神と合一(あわ)した心で在るぞよ。至仁至愛(ぜん)の大精神にして、何事にも心を配り行き届き、凶事に逢ふとも、大山の如く微躯(びく)とも致さず、物質欲を断ちて精神は最(いと)も安静(あんぜい)な心であるぞよ。


天を相手とし凡人と争はず、天地万有山野(やまぬの)海川を我の所有となし、春夏秋冬も昼も夜も暗(やみ)も雨も風も雷も霜も雪も皆我が言霊の自由に為し得る魂(たま)であるぞよ。


如何なる災禍(わざわい)に逢ふも艱苦を甞めるも意に介せず、幸運に向かふも油断せず、生死一如にして昼夜の往来する如く、世事一切を惟神の大道に任かせ、好みも無く憎(うら)みも為さず、義を重んじて心裏(しんり)常に安静なる魂(たま)が日本魂であるぞよ。


常に心中長閑(のどか)にして、川水の流るる如く、末に至る程深くなりつつ自然に四海に達し、我意を起さず、才智を頼らず、天の時に応じて神意に随って(したがって)天下公共の為に活動し、万難を撓(たゆ)まず屈せず、無事にして善を行ふを日本魂と申もうすぞよ。


奇魂(くしみたま)能(よ)く活動する時は大人(だいにん)の行ひ備はり、真の智者となり、物を以つて物を見極みきわめ、自己に等しからん事を欲(よく)せずして身魂共に平静(へいぜい)なり。

小人(せうにん)なるものは自己(おのれ)を本(もと)として物を見み、自已(おのれ)に等しからん事を欲するが故に、常に心中静かならず、之を体主霊従(あく)の精神と申すぞよ。

今の世の中一般の心は皆この心で在あるぞよ。


誠の日本魂のある人民は其の意志(こころ)平素(つね)に内にのみ向かひ、自己(おのれ)の独り知る所を慎しみ、自已(おのれ)の力量才覚を人に知られん事を求めず、天地神明の道に従がひ交(まじ)はり、神の代表となりて善言美辞(ぜんげんびし)を用ひ、光風霽月の如き人格を具(そな)へて自然に世に光輝を放つ身魂であるぞよ。


心神常に空虚にして一点の私心無なければ、常永(とこしえ)に胸中に神国あり、何事も優れ(すぐれ)勝りたる行動を好み、善者を喜こびて友となし、劣り汚(けが)れたるを憐れみ且つ恵む、富貴を欲(よく)せず羨やまず、貧賤を厭(いと)はず侮(あなど)らず、只々天下の為に至善を尽くす事のみに焦心す、是の至心至情は日本魂の発動であるぞよ。


我身富貴に処しては君国の為に心魂を捧(ささ)げ、貧に処しては簡易(かんやう)の生活に甘んじ、欲望を制し暇(いとま)にも他を害せず、自暴自棄(じしつ)せず、天命を楽しみて自己応分の天職を守る、是れが日本魂の発動であるぞよ。


天下修齋の大神業に参加するとも決して周章(あわて)ず騷がず、身魂(しんこん)常に洋々として大海の如く、天の空(むな)しうして鳥の飛ぶに任すが如く、海の広くして魚の踊るに従がふが如き不動の精神を常に養なふ、是れが神政成就の神業に奉仕する身魂の行動でなければ成らぬのであるぞよ。


凡人の見て善事と為す事にても神の法に照して悪しき事は是れを為さず、凡人の見て悪と為す事にても神の誠の道に照らして善(よ)き事は勇みて之れを遂行すべし。


天意に従がひ大業を為さんとするものは一疋(いつぴき)の虫と雖(いへ)ども妄(みだ)りに之れを傷害せず、至仁至愛(ぜん)にして万有を保護し、世の乱に乗じて望みを興(おこ)さぬ至粋至純の精神を保つ、是れが誠の日本魂の発動であるぞよ。