夏気立つ前の南風

ひとえ
ふたえ
やえ
はたえ

一重
二重
八重
二十重 / 旗絵

生まれ始まりたものは
初めに浸透の動きをとり
そが(それが)塗り重なり
下地が出来てしまうと
累乗的に厚みを増し
気がつけば
旗絵と成り成りて
旗(フラッグ/フラグ)が立つこととなる
それは良いものであろうとも
忌まわしく感じるものであろうとも

個人も世界も
できれば
錦(にしき)の旗をば


本日20自分現在の那覇の気温は23℃、天気は雨曇り、旧暦では弥生21日、二十四節気では穀雨、種まきした苗に成長を促す恵みの雨が降る時節です
昨晩は快晴、深夜に愛猫(まなねこ)と一緒に南の空に輝くお月様を愛でていました
部屋に差し込む月明かりがとても美しかったです

ただいま夜の喫茶店に来ています
日暮れと共にソワソワと落ち着かなくなり、促されるまま喫茶店にやってきました
喫茶店は我が身一人で静寂に包まれています

5月からのキーワードは「舵取り」
それは個人に向けても国家に向けても世界に向けても共通するキーワードでもあり、天よりの示唆・促しとも感じています


舵取りは
風読み
周り見
己見て
吟味深めて
慎重に
針穴通す
針路をば
導き見出せ
諸々の
アダムとイブ達よ


現世(うたかた)の
裏拍子(うらびょうし)に舞う
白拍子(しらびょうし)
かしこより来たりて
浄め(きよめ)給わん