トイレの最中に

トイレの最中に「漢詩の翻訳をしてみろ」の提案(命令?)を受けたので、漢詩の特殊翻訳に挑戦してみました。
※トイレやお風呂、台所仕事の最中など無心になっている時にインスピレーションを感じることが多いです。

ふと李白様が頭に浮かんだので、李白様の静夜思を題材に選びました。翻訳の際に李白様の心情に同調しながら翻訳を行いました。

静夜思(せいやし)

 

床前看月光

疑是地上霜

挙頭望山月

低頭思故郷

 

床前(しょうぜん)月光を看る

疑うらくは是れ地上の霜かと

頭(こうべ)を挙げて山月を望み

頭(こうべ)を低(た)れて故郷を思う

 

静夜思

静かな夜に我想う

 

床前月光を看る

寝床に入りふと見ると、部屋の床に月の光が差し込んでいた。

 

疑うらくは是れ地上の霜かと

床の砂利に差す光は、まるで地面に下りた霜のようだ。

 

頭を挙げて山月を望み

その(光の)元を辿るように、私は山間(やまあい)に登る月を望んだ。

 

頭を低れて故郷を思う

私は自分の信じた道を進みながらも、今はこのようなさすらいの身となってしまっている。こんな時、ふと故郷のことを思い出してしまう。