さしたる意味もなく


人生に四季の彩りあり
冬のあとには春がくる
春は干支をひとまわり
夏も干支をひとまわり
秋には為したものが実を結び
そして辛い冬がやってくる
耐(た)える者
絶(た)える者
冬は人をば篩(ふるい)(震い)にかける
冬も干支を一回り
冬のあとには春が来る
二度目の春をば迎えた者は
隆盛(龍性)極めし者となる
そが人の背負いし理(ことわり)ならば

お風呂上がりに聞こえた御歌
特にブログを書く用事はなかったのですが、さしたる意味もなくここにメモっておきます。

沖縄は寒くなってきました。
愛猫も毛布の上にいることが多くなっています。

あと、本ウェブサイトを少しずつ手直ししています。
営業に大きく影響しない更新内容に関しましては、更新のお知らせを省略させていただいています。